株主と企業間にも与信管理は必要

与信管理というワードは、何も企業間における取引にのみ使われるものではありません。
誰でも会社のオーナーになれるのが、株式投資です。
その会社の株主になるということは、会社のオーナーになれるということ、会社が倒産しないように与信管理が必要になります。
1株だけなら1株分だけのオーナーになれますが、その会社を応援するということにもなります。
会社が利益を上げれば、配当や株価上昇という形で株主にも利益が入ってきます。
ですが、業績が悪くなれば株価下落で損をしてしまいます。
お金を支払って物やサービスを買う、だけど継続的に利用するのなら、毎回こうした取引は非合理的です。
だからこそ与信がポイント、お金は後払い方式でも信頼される会社であれば、与信取引が成立します。
それにはまず、信用されるように、株式投資でならば、株主優待がカギを握ります。
共倒れにならないためにタックを組む、対策や予防策を検討する、こうした管理が株主と企業間にあります。

振袖のレンタルなら
FURISODE efyにお任せ

エアコン取り付け・取り外しはお任せ♪
大阪府安心のトップクラス施工をお約束!

主婦 副業
最新!おすすめ副業サイトを徹底比較しました

最新投稿

  • 取引するにはリスクもあるから与信管理する

    与信管理とは、信用取引とも似ているのではないでしょうか。
    自分が持っている資金の範囲内で株を売 …

    続きを読む...

  • 与信管理の基礎知識について知ろう

    与信管理を理解するには、まずこの与信という言葉の意味を知る必要があります。
    与信とは、企業が製 …

    続きを読む...

  • 過去の業績より将来を予測した与信管理

    与信管理が必要なのは、企業間の信用取引だからなのでしょうし、与信取引の少ない企業との関係は避けるのが …

    続きを読む...

  • 与信管理の必要性と主な二つの業務

    企業の目的は利益および売上の最大化ですが、その為の道のりには売掛債権及び与信金額の発生や膨らみは避け …

    続きを読む...

お知らせ

一覧